投資顧問の業務とメリット

握手する投資顧問の男性たち

投資顧問とは

投資顧問とは、お客様(投資家)に対して株式や債券などの有価証券や投資判断を専門的な立場から助言、または運用を行うことで報酬を得る企業のことを指します。分かりやすく解説すると投資顧問は、お客様(投資家)にとってアシストをする秘書のような存在です。投資運用業者は「有価証券に係る投資顧問業の規制等に関する法律」の規定から内閣総理大臣の登録を受けることが必要になります。

投資顧問業には2種類に分類される

投資顧問には金融商品取引業を除く「投資助言代理業」と「投資運用業」の2種類の業務に分類されます。

投資助言代理業とは、投資顧問契約に基づく投資判断の助言、または投資顧問契約や投資一任契約の締結の代理・媒介のを業務とします。投資助言代理業はさらに「投資助言業」と「代理業」の2つの業務に区分されます。投資助言は、お客様(投資家)と投資顧問の間で締結した契約に基づいて、有価証券など金融商品への投資判断について、お客様(投資家)に助言を行う業務のことです。代理業は、お客様(投資家)と投資顧問との投資一任契約または、投資顧問(助言)契約の締結の代理または媒介を行う業務のことです。

投資運用業とは、投資一任契約を締結したお客様(投資家)の有価証券等に財産を投資して運用するのを業務とします。投資運用業はさらに「投資一任業務」「ファンド運用業務」の2つの業務に区分されます。投資一任業務は、投資一任契約に基づいて、お客様(投資家)から投資の判断や投資に必要な権限を委任され投資を行う業務のことです。ファンド運用業務は、ファンドの資産を有価証券への投資をして運用を行う業務のことです。

投資顧問のメリット

投資顧問にはメリットが何点かあります。まず1つ目は投資のリスクを抑えることができます。初心者の方で投資をするよりも、投資顧問にお願いして投資をしてもらう方がリスクである損失を回避することができます。投資顧問は投資のプロであるので、長年培ってきた投資経験や投資判断、情報取集などは、個人の投資家よりも優れていることが多いのです。どの株の銘柄を購入すればいいのか、いつ売却すればいいのかを投資顧問が助言・分析をしてくれます。

2つ目は時間を効率的に使うことができます。本業をやりながら投資を行い成果を出すのは中々難しいでしょう。例えばフルタイム勤務のサラリーマンの場合、投資をやる時間は帰宅後か休日になります。帰宅後や休日では全ての時間を投資に回すのは難しいので、時間が限られます。そこで、投資顧問を利用することで銘柄の調査や株式関連の情報を調べる時間が最小に抑えることができます。投資顧問は利用者に対して最新の情報を配信してくれるので、自身で株式相場の情報を集める必要がなくなります。