株初心者は少額投資(ミニ株)から?メリット・デメリット

初心者マークを持つ女性

ミニ株とは

株式売買や株式取引というと数十万円から数千万円もの資金がなければ始めるのが難しいと考えている方もいるかもしれません。しかし、最近では少額の資金でも株式投資を行うことができる「ミニ株」または「単元未満株」を取り扱うサービスが増えてきています。そもそも証券取引所で売買される株取引では最低単位が1口100株と決まっています。例えば1株1,000円だとすると、100株で100万円もの資金が必要になります。ミニ株は、100株未満の単位で株取引することができ、1口10株から購入することができます。一方、単元未満株は1株単位から購入することができます。ミニ株や単元未満株などはリスクを最小限にして株を始めることができます。

ミニ株のメリット

ミニ株は、少額で投資できるだけでなく他にもメリットがあります。まずミニ株のメリット一つ目は分散投資がしやすいです。ミニ株は一つの銘柄にあてる資金が少なく済むので、複数の銘柄を購入しやすく分散投資をすることができます。分散投資は比較的リスクを抑えて株式投資をすることができます。ミニ株のメリット二つ目は株取引の勉強になります。ミニ株や単元未満株などはリスクを少なく少額の資金で株式投資ができるので、初心者は株式取引の練習ツールとして有効です。

ミニ株のデメリット

ミニ株のメリットを挙げていきましたが、デメリットも存在します。まず一つ目は、短期間で大きな利益を期待することができません。ミニ株は少額の資金で投資することができるので、短期間で大きな利益を狙う人にはミニ株は不向きです。二つ目は手数料が高くなりがちです。ミニ株に限らず少額投資全般において手数料が割高になる傾向があります。手数料は証券会社によって異なるので、ミニ株投資を始める前に事前に確認をしておきましょう。三つ目はミニ株を取引できる証券会社や銘柄が限定的な点です。ミニ株や単元未満株などは全ての証券会社で全ての銘柄の取引することはできません。また、銘柄によってはミニ株や単元未満株が対象外になっていることもあるのでミニ株を始める前に確認することが大事です。四つ目はリアルタイムでの売買ができません。ミニ株や単元未満株などは、取引時間帯の好きなタイミングで取引することができないので、発注から約定までにタイムラグが発生する可能性があります。取引時間は各証券会社によって異なるので、利用する証券会社の取引時間を事前に確認することが大事です。

ミニ株のメリットとデメリットを理解した上で投資を行うといいでしょう。

  • 握手する投資顧問の男性たち

    投資顧問とは 投資顧問とは、お客様(投資家)に対して株式や債券などの有価証券や投資判断を専門的な立場から助...